浮気

浮気・不倫の慰謝料を請求する方法は?|証拠集めのポイント 5つ

「不倫をしているようだけれど、証拠がない」そう思ってモヤモヤしてはいませんか?もしくは「不倫をしている配偶者から慰謝料を取りたい」と悩んでいるかもしれませんね。もし、不倫が原因で離婚をする場合、証拠によって慰謝料の金額が大きく変わってきます。今回は、不倫や浮気の慰謝料を爆上げできる、証拠集めの方法について解説します。

浮気・不倫の慰謝料とは

一般的に慰謝料とは、精神的な苦痛に対して支払われるお金を指します。例えば、夫が浮気をした場合に、妻は大変な精神的ショックを受けることでしょう。

妻が受けた苦しみをお金に換算したものとイメージしてください。不倫で離婚に発展した場合に、浮気をした側(仮に旦那)がされた側(仮に奥さん)にして払うものであり、離婚=慰謝料ではありません。

そのため、「性格の不一致」や「価値観の違い」など双方の問題である場合には、慰謝料は発生しないのです。

浮気・不倫された場合の慰謝料の相場は?

浮気や不倫による慰謝料の相場は、おおよそ300万円~500万円ほどです。浮気・不倫の内容によって差があり、事例によっても金額は大きく異なります。

しかし、浮気や不倫をされた側としては、少しでも多く慰謝料を取りたい!と考えるのが本音ではないでしょうか。慰謝料の金額を増やしたいと思ったら、不倫や浮気の具体的な内容が第三者にも明確になるような証拠集めが必須です。

単純な「辛かった」「ショックを受けた」という主張だけでなく、有利になる証拠集めを行いましょう。

浮気・不倫には裁判で認められやすい証拠集めが必須

相手が浮気や不倫をしているかも…と思ったら、まずは証拠集めは必須です。漠然とした不安だけでは、勘違いの可能性も否定できません。

怪しいと感じたら証拠を集め、その上で相手を問い詰めるなり、裁判を起こせばよいのです。ここでは、裁判で認められやすい浮気・不倫の証拠について見ていきましょう。

写真を取る

不倫や浮気の証拠として、強いものに写真があります。例えば、性行為をしている写真や、ホテル・自宅に出入りしている写真を突き付けられれば、相手はいい訳できないでしょう。

写真を集める際は、以下のポイントを押さえます。

  • 写真の撮影日が明確であること
  • 複数回に渡って浮気・不倫した現場を納めていること
  • ホテルや自宅への出入りは、入るところだけでなく、出たところも押さえること

ちなみに、スクリーンショットやデジタル画像などは、改ざんの可能性があるため、証拠として弱めです。写真はプリントしたものを用意しましょう。

スマホでのやりとりを記録する

相手がラインやメールなどで浮気相手と連絡を取り合っている場合、やりとりの履歴を押さえるのも有効な証拠となります。過去にラインのスクリーンショットが原因で不倫がバレたタレントがいました。

ただし、ラインのトーク画面もあいまいな表現では証拠として弱い可能性があります。ホテルで過ごす二人の写真が載せられていたり、不倫を表す明確な文言があれば、強力な証拠となるでしょう。

会話を録音する

明かな不貞行為が録音されている音声や動画は、証拠として信ぴょう性が高いです。裁判で認められやすい音声や動画データには以下が挙げられます。

  • 夫婦間で不倫や浮気について認める発言をする会話
  • 不倫相手との電話での会話
  • 不倫相手と会っている時の会話や動画
  • 一緒にホテルや旅行などに行っている動画

盗撮や盗聴は違法な証拠集めとされがちですが、不倫や浮気はこっそり行われることが多く、表立って証拠を集めるのは難しいのも事実。裁判所でも証拠として認められる場合が多くあります。

ただし、不倫相手の家に侵入してカメラをしかける、スマホを盗むなどは反社会的な証拠集めとされるため避けましょう。

クレジットカードやGPS・ETCの履歴をチェックする

クレジットカードやGPS・ETCの履歴が見られる状態であるならば、相手の行動をチェックしてみるのもひとつの方法です。以下のような履歴がないか見てみましょう。

  • 普段は行かない場所にあるお店やホテルに行っている
  • 不自然なほど高額なプレゼントや食事をしている
  • 仕事だと出かけた日に、会社ではない場所に行った形跡がある

怪しいと思った履歴はメモを取ったり、写真に納めておきましょう。履歴からは予測をするのが精一杯ですが、探偵に依頼する際に、行動を記録するための材料となります。

SNSも確認してみる

相手がTwitterやインスタグラムなどのSNSをしている場合、投稿をチェックしてみましょう。浮気や不倫の証拠となる怪しい投稿が見つかるかもしれません。

投稿された写真も、よく目を凝らしてみてみると、窓ガラスやグラスに浮気相手の姿が映っているかもしれません…!また、相手のフォロワーに怪しい人物がいたら、投稿を同時にチェックしてみましょう。

関係を匂わせる投稿が見つかる可能性がありますよ。もちろん、怪しい投稿を発見したら、忘れずに記録しましょう。

浮気・不倫の予感がしたら、探偵に相談する

「自分ではなかなか証拠が集まらない」「確信がなくて不安」そう感じたら、探偵に調査を依頼するのもよいでしょう。

探偵であれば、裁判でも使えるしっかりとした証拠集めを手伝ってくれます。ここでは探偵と振興所の違いや、費用相場・依頼する際のポイントを見ていきましょう。

探偵と振興所の違い

いざ探偵に依頼しよう!と思っても、「○○探偵事務所」や「○○振興所」など、ネットで検索するとたくさん出てきます。「なにが違うの?」と迷うこともあるのではないでしょうか。

探偵と振興所は、歴史的な違いはあるものの、中身はほぼ同じと考えて間違いありません。探偵はもともと個人を追跡し、行動を監視するのが仕事でした。一方、振興所は個人ではなく、企業の信用を調査していたのです。現在では両者の違いはほぼないため、口コミや知人の紹介などを通じて、信用できそうな会社に依頼しましょう。

浮気調査の料金相場

浮気調査にかかる費用は内容によりますが、多くて100万円・少なくて10万円ほどです。調査費用には以下のものが含まれています。

  • 人件費
  • 経費
  • 手数料

探偵に相手を追跡させる際の人件費に加え、交通費や通信費・宿泊代などの経費がかかります。また調査終了後に報告書を受け取りますが、作成するための手数料が加算されます。

調査をする期間や時間、スタッフの人数によって費用は異なるため、あらかじめ見積書をもらっておくと安心です。

浮気調査を依頼する際のポイント

探偵や振興所は「探偵法」という法律にのっとって仕事をしなければなりません。そのため、きちんと登録がされているかをチェックしましょう。

探偵を使って証拠集めをした場合、裁判所に提出できるのは有効な手段で集められたもののみです。例えば、立ち入り禁止区域に入ったり、相手のパソコンやスマホからデータを抜き取るなどした場合、証拠としては使えません。

証拠は集めるだけでなく、使えなければ意味がありません。しっかりと裁判に提出できる証拠を集めてくれる探偵・振興所を選ぶのがポイントです。

浮気・不倫の証拠があればすぐに行動しよう

浮気や不倫で慰謝料を取りたい場合、しっかりとした証拠集めは必須です。感情だけで相手を責めてしまうと、あっという間に証拠を消されてしまうかもしれません。そうならないよう、土台作りは抜かりなく行いましょう。裁判に持ち込むのであれば、離婚に強い弁護士を選ぶのもおすすめです。

-浮気

© 2020 浮気調査・離婚相談の探偵リサーチ合同会社

テスト