浮気調査

引っ越した相手の転居先って調べる方法!住民票・弁護士照会制度・探偵でさがす 

離婚した元夫からの養育費の支払いが滞ったことに異変を感じ、住んでいた住所を訪ねると転居していたことが判明!

電話にも出ないし、どこに引っ越したかも検討がつかない・・八方塞がり・・逃げられた・・。

養育費を足してギリギリの生活をしていたのに・・

「逃げた元夫の転居先を何とか調べる方法ってないの?」

などの不安な思いや心配事を抱えてらっしゃいませんか?

そんな方のために、今回は「引っ越した相手の転居先を調べる3つの方法!」についてご紹介していきたいと思います。

お困りの方は是非、参考にされてください!

引っ越した相手の転居先を調べる3つの方法!

離婚した元夫に限らず、知人や友人がいきなり消息不明になった・・

そんな時に「転居先や行方を調べる方法ってないの?」と思われる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、「引っ越した相手の転居先を調べる3つの方法」ついてご紹介したいと思います。

是非、参考にされてください!

住民票を取得して調べる

ここでは、あくまでも仮定の話をさせて頂きますが、離婚した元旦那さんであれば「養育費の遅延」などを理由に元旦那さんの現在の住人票を取得できる可能性は高くなります。

もちろん、養育費の遅延が証明できる預金通帳などの証明が必要になりますが、正当な理由がある場合は住民票を取得することで転居先を調べることができる可能性は高くなります。

注意したい点は、住民票に記載されている「除票」を元に新しい転居先を調べることができるのですが、市役所等には「転居してから5年間」しか保存されません。

5年間以上経ってから相手側の転居先を住民票から追う事はできませんので、その場合は下記の方法をご検討されてください。

また、離婚から5年以内の場合で正当な理由があっても、相手側の住民票を開示するかは、基本的に市役所等の判断に一任されていますし、開示された後の判断や行動が重要になります。

あくまでも「転居先を調べる方法の知識」して念頭に置いた方が良いかもしれません。

弁護士照会制度を使って調べる

離婚してから5年以上経過している場合は住人票から転居先を調べることは困難になります。

その場合、次におすすめする方法が「弁護士に相談して、弁護士照会制度から転居先を調べる」という方法です。

弁護士照会制度とは、正当な理由があり相手の電話番号が分かる場合は、

弁護士に依頼することで弁護士協会が情報開示の判断を行い、調べたい相手側の「氏名」「住所」「契約年月日」「「銀行口座・預金残高」などの情報開示が可能になる制度

のことを言います。

つまり、携帯電話番号が変わらない限り、相手側の転居先の情報が分かる制度を利用するという流れです。

しかしながら、これにも「正当な理由」が必要になるため、むやみやたらに調べることはできません。

ちなみに、弁護士照会制度の利用料金は1件「8,000円~9,000円」が相場と言われています。

利用料金の免除制度もありますので、気になる方は弁護士さんに「どのような選択がベストなのか?」をご相談されることをおすすめします。

探偵や興信所に依頼して調べてもらう

最後にご紹介する「引っ越した相手の転居先を調べる方法」は、「探偵や興信所に依頼して調べてもらう」という方法です。

離婚して5年以上経過しており、住民票の取得は難しい

携帯番号も変わっていて、弁護士照会制度も意味をなさない

という場合は、最後の砦となる「探偵」や「興信所」にご相談することをおすすめします。

今回のような「行方調査」は探偵や興信所の専門分野でありスペシャリストですので、ご相談内容から、どのような調査をすれば相手側の転居先が分かるかも的確な判断やアドバイスをしてもらえる可能性は高くなります。

もちろん、調査料金は依頼する探偵事務所によって違いますし、一番費用がかかります。

経済的に余裕が無い方は「行動調査に強く、料金の優遇ができる探偵事務所」を探されてください。

 

また、当サイトでは、「探偵に相談するなんて初めてで不安・・」という方に向けた「おすすめできる探偵事務所の選び方」や「誰もが気になる探偵の料金」について、解りやすく解説した記事を公開しております。

転居先が記載された住民票の取得は難しい・・携帯電話番号も変わってしまった・・という方は是非、一度ご覧になられてください。

 

まとめ

今回は、「引っ越した相手の転居先を調べる3つの方法!」についてご紹介させて頂きました。

ご自身のご状況や段階に応じて「転居先を調べる方法」のご紹介してきたつもりですが、少しはお役に立てましたでしょうか?

最後にご紹介した「探偵や興信所への依頼」は「ご相談だけ」でもおすすめします。

最近の探偵事務所は「ご相談」や「お見積り」だけであれば、「完全無料」で受け付けてくれる事務所が増えています。

当サイトでも多くの探偵事務所をご紹介させて頂いておりますが、あくまでもご自身の状況に親身に対応してくれる事務所にご相談されることをおすすめします。

是非、参考にされてください!

あなたのこれからが少しでも前向きな未来に向かう事を心より願っております。

最後までお付き合い頂いて、本当にありがとうございました!

https://tantei-site.com/tanteierabikata/

https://tantei-site.com/tanteiryoukin/

-浮気調査

© 2021 浮気調査・離婚相談の探偵リサーチ合同会社

実績NO1!浮気調査の原一はこちら